当サイトはブラウザIEに対応しておりません。PCでご覧いただく場合はIE以外のブラウザでご確認ください

トップ > コラム一覧 > やってみよう!ペーパードリップ。おうちで最高の一杯を作る方法

みなさま、こんにちわ!
カフェママの「野々山のりこ」です。

コーヒーを抽出する姿はオトナでカッコイイ・・・

コーヒーの味がわかるなんて素敵ね。

そんな憧れを抱いたら、まずすべきことは「ペーパードリップ」!?

ペーパードリップをマスターして女子力・男子力を上げませんか?

今回のコラムでは、
「やってみよう!ペーパードリップ」とのタイトル通り、カンタンで美味しくコーヒーを抽出する方法をご案内します。

是非コラムをご覧下さい!

バリスタの模範的ペーパードリップ

まずは、当店バリスタによるドリップをご覧ください。

ペーパードリップのすすめ

ペーパードリップとは、”紙で抽出する”ことを言います。
コーヒーの淹れ方としては最もよく耳にする方法で すよね。

ペーパードリップが人気の理由はこんな所にあるのではないでしょうか。

・香味をつよく引き出す
・いろんな香りがする
・お手軽

丁寧に入れたコーヒーは格別です。強い香りにはっきりとした味、「これがコーヒーのおいしさか~」というものを知ってもらえます。

自分で抽出すると、あらゆる段階で様々な香りがします。
袋を開けたとき、豆の挽いたとき、お湯を注いだとき・・・淹れる人だけが味わえる楽しみです。

ペーパードリップが手軽なのは、コーヒーかすをペーパーごと処理できてしまうから。
ネルやプレス、メタルドリップよりも楽ちんですね。

つまり、香味の違いがわかるコーヒーが、お手軽に、自分で作れる。
・・・カッコよくないですか?
これぞ、最短で、女子力・男子力を上げる方法ではないでしょうか?

それでは、先の動画、もしくは、下の図を参考に、
あなたも、ペーパードリップをお試しください!

 

用意するもの


・ペーパー

ドリッパーにあった形状のペーパーを用意しましょう。

底の接着部分と側面の接着部分は反対方向に折り、立体的に形づくればカンペキです。

・ドリッパー

様々な形状のドリッパーにそれぞれ良さがありますが、強いて言うなら当店オススメは3つ穴タイプです。

・ポット等

抽出したコーヒーを受けるポットです。ドリッパーが乗せられればどのような物でも構いません。1杯分ならカップでもOK。

・コーヒー粉

淹れたい杯数分の量を、スケールで測ります。
1杯=15g
2杯=20g
3杯=25g

豆の場合は中挽くらいで挽いてください。
※豆でご購入の方は、豆を挽いたときに粉が舞う可能性があります(当店は極深煎で水分量が極めて少ないため)。
気になる場合は、挽く前にほんの少し霧吹きをするのも手です。

・お湯

沸騰して少し冷ましたものがベスト!
淹れたい杯数分の量より多めに用意してください。

1杯=150g以上
2杯=300g以上
3杯=450g以上

※苦いのがお好きならもっと高温でもOK。

・スケール

準備段階で、コーヒー粉やお湯の計量に使用します。
抽出時に、スケールの上において抽出を行うと、注いだお湯の量が分かって便利です。

 

淹れ方

まずは、上の動画を見ていただくとイメージしやすいと思います。
お急ぎの方、手慣れた方には、下に手順をまとめましたので、参考になさってくださいね。

 

手順

1.ペーパーをお湯でぬらします。

ドリッパーを温め、ペーパーとドリッパーを密着させます。

下にたまったお湯は捨ててください。

 

2.コーヒー粉を入れます。

量っておいた粉を入れます。

 

3.表面を平らにして溝を掘ります。

表面を揺すって、ならし、3つ穴の上部に一筋の溝を掘ります。

ここで、霧吹きをすると粉とお湯がよくなじみます。

 

4.お湯を低い所から順に左右に落とします。

中央の溝から細く、左右に振るように、湯を落とします。

低い位置から、全体に水平に落として下さい。

 

5.粉面が膨らみ、下からコーヒーが滴り落ち出したら、一旦注ぐのを止めます。

お湯を注ぐにつれ、粉の面が全体に膨らんできて、

ドリッパーの下からはコーヒーがポタポタと滴り落ちてきます。

そしたら、一旦、お湯を注ぐのを止めます。

蒸らす必要はありません。

 

6.粉面が落ち込まないうちに、さらに、お湯を注ぎます。

先程と同じように、お湯を低い所から左右に振るように注ぎます。

周囲にお湯がかかると、渋み成分が出てしまうので気をつけてください。

 

7.抽出したらドリッパーにお湯を残した状態でドリッパーを外します。

ドリッパーの中に湯を残した状態でドリッパーを外します。

こうする事で飲みにくい成分が下に落ちません。

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

ペーパードリップ、できそうですか?

ちょっとくらいいい加減に淹れても、間違えてしまっても

焙煎豆自体がおいしいので大丈夫!

気軽にチャレンジしてみてくださいね。

 

 

ケーキ

この記事が役に立ったら
ぜひシェアしてください

coffee

読まれている記事
ランキング