当サイトはブラウザIEに対応しておりません。PCでご覧いただく場合はIE以外のブラウザでご確認ください

トップ > コラム一覧 > カフェママスイーツの原点 懐かしの母のドーナツ

みなさん、こんにちわ!カフェママの「野々山 のりこ」です。

土曜日、日曜日、時々金曜日もカフェママスイーツを作っています。

私のスイーツの原点は、私の母が作ってくれおやつにあります。

今回のコラムでは、その原点とも言える母のおやつについて書かせてもらいました。

是非ご覧ください。

カフェママスイーツの原点

私のつくるお菓子つくりの原点は、母の作ってくれたおやつです。

私が子供のころ、よくおやつを作ってくれていました。

学校から帰ると、蒸しパンや、こふきいも、大学いもなど素朴なお菓子たちが母とともに私を待っていてくれました。

そんな母のおやつの中で私が一番好きだったおやつは「ドーナツ」です。

 

熱々の揚げたドーナツが、バットに広げられた砂糖の上で、転がされ砂糖でたっぷりお化粧します。

そのドーナツをあちちと言いながら食べるのが何より楽しみでした。

昭和37年生まれの私はとって「ドーナツ」ってとってもおしゃれな、おやつだったんです。

そのドーナツを母が作ってくれる。嬉しくてたまりませんでした。

母は、目分量で小麦粉、卵、砂糖、牛乳、重曹を混ぜてよくこねて、生地を寝かせて

綿棒で伸ばして型抜きして油で揚げてくれました。

ドーナツの抜型など身近にありませんでしたので、母は大きい円はお湯呑みで型をとり、

小さい円は、包丁でくり抜いていたように思います。

お湯呑みっていまでは、使わないおうちもあるかもしれませんね。

器具がなくてもなんとか工夫して子供たちに美味しいおやつを食べさせたい。

そんな気持ちで作ってくれていたんだろうといまでは思います。

私の好きな料理研究家の先生の言葉ですが、

「母の手料理を思い出すときに胸がキュンとするのはその時にかけられた愛情を思い出すからだ。」

愛情をかけられている時には愛情だってわからない。

大人になってこの言葉の意味がようやくわかるようになりました。

大人になって今は母もいないけれど、かけられた愛情を思い出せるのは幸せだと思います。

みなさんも心に残るスイーツがあると思います。

また、いまご自分のお子様におやつを作っている方々、どうぞその時間を大切になさってくださいね。

子供たちと思い出の積み立て預金ができる時間は案外短い。

過ぎた日々を思い起こすとそう感じます。

 

私は、いま色々なスイーツを作っていますが、

母の手作り感満載の味がベースです。

甘すぎず、少し懐かしい味。

そして量は多め。なぜっておなか一杯食べたいでしょ。

あ、私が食べさせたいのかも!

カフェママ~今日のスイーツは何?って来店されるかたのために、

そしてそのかたの思い出の味になるようにこれからもスイーツを作っていきたいと思います。

 

 

ケーキ

この記事が役に立ったら
ぜひシェアしてください

coffee

読まれている記事
ランキング