当サイトはブラウザIEに対応しておりません。PCでご覧いただく場合はIE以外のブラウザでご確認ください

トップ > コラム一覧 > 「スポーツ系イケオジ 今井雅弘流 香りにこだわるコーヒーの楽しみ方」

カフェドシェフのお客様の中でもコーヒー抽出にかけては、研究熱心な今井さんです。

それぞれの個性あるコーヒーの香りを最高に味わうために日夜試行錯誤されてます。

そんな今井さんの珈琲愛あふれるコラムを是非ご覧下さい。

香りにこだわるコーヒーの楽しみ方

 

 

コーヒーの楽しみ方にはいろいろあります。

苦味とかコクなんて方も多いと思います。

自分はコーヒーの香りがとても好きです。

真っ黒な液体から、豆によってフルーツ、ハーブ、スパイス、チョコレート・・・といった

いろいろな香りを楽しめます。

 

 

最近はこの香りを楽しむために、

あえて、

浅煎りにするところも多くなってきましたが、

カフェ・ド・シェフさんでは真逆で、

極限まで深くローストしています。

よく、「ごはんのお焦げが美味しい。」

と言われていますが、

真っ黒にこげたごはんは苦いだけで、

まったく美味しくありません。

カフェ・ド・シェフさんのコーヒーはちょうど

この「美味しいごはんのお焦げ」

のようなコーヒーだと思っています。

なので今まで、このお焦げのシャープな苦味とコクを活かすように、

お湯の温度は90℃前後、ネルなどで点滴を落とすように3分以上かけて淹れていました。

 

しかしカッピングといって、

挽いた豆をフィルターに通さず、

粉に直接お湯を注いでスプーンですする、

コーヒー豆の味を確認する方法で試してみたら

なんともいえぬ、

フルーツのような香りとチョコレートのような甘い香りを引き出すのです。

この特徴を引き出すドリップをしてみたいと、いろいろ試行錯誤をしました。

 

 

使用するドリッパーは、

お湯の量流を調整しやすい「ハリオのV60」という円錐型のもの使い、

苦味を抑えるため、お湯の温度を思い切って83℃までさげました。

また、苦味成分は軽く、お湯にうきやすい性質を利用して、

最初に粉全体を湿らせたあと、

粉を浮かせるように、しかし山が崩れないように一気にお湯を入れるようにしました。

 

 

すると狙ったとおり、苦味成分は控えめになるかわりに、

香りがたち、豆による特徴がはっきりするようになりました。

 

今はこのやり方でカフェ・ド・シェフさんのコーヒーを楽しんでいますが、

さらにまた淹れかたを変えて楽しむかもしれません。

そしていつかは、こっそりカフェ・ド・シェフさんに行ってお店でコーヒーを楽しんでみたいです。

 

執筆者

 

執筆者:今井雅弘

コーヒーとワインをこよなく愛する今井雅弘です。

それぞれのコーヒーの個性の良さを引き出すべく、試行錯誤しながら、ベストな抽出方法を探っています。

満足のいく一杯に出会うために。

 

ケーキ

この記事が役に立ったら
ぜひシェアしてください

coffee

読まれている記事
ランキング