当サイトはブラウザIEに対応しておりません。PCでご覧いただく場合はIE以外のブラウザでご確認ください

トップ > コラム一覧 > マンデリン産地旅!インドネシア スマトラ島

「マンデリン」は当店で扱うコーヒー豆のブランドです。

ところで、
あなたはマンデリンの産地をイメージできますか?

「産地?どこそれ?全く知らない・・・」

ですって?

・・・それなら、まかせて!

旅行者気分で、現地を疑似体験してみましょう!

「コーヒー産地をめざすバーチャル旅行」

では、さっそく出かけましょうか。

「マンデリン」とは

 

当店のマンデリンはどんな個性のコーヒーなのか!?まずはご紹介!

マンデリン基本情報

  • ブランド名:マンデリンウルトラシナー
  • 産地:インドネシア スマトラ島 リントンニフタ地区
  • 品種:ティピカ
  • 精製:スマトラ式
  • 焙煎後のスコア:甘み2苦味5 酸味0香り4

このような、コーヒーです!

飲んだ時の味や、特徴的なスマトラ式精製法の説明は、

コラム後方の「産地」にて、ご紹介します!

それでは、

 

GoToスマトラ島

 

 

スマトラ島の基本情報

 

みなさん、「マンデリン」の産地を、ご存じかしら?

それは、インドネシアのスマトラ島でーす!

 

インドネシアってどんな国?

インドネシアは、

  • 1万8000の大小の島々が、赤道付近に散りばめられた群島国
  • 民族の数は300以上
  • 言語は700以上

・・・という驚くべき多様性の国なんです。

スマトラ島はそんな島の一つ。

面積は日本の本州の約2倍もある大きい島なんです。

 

スマトラ島ってどんな島?

 

スマトラ島へは、飛行機で、日本からジャカルタ経由で上空を合計9時間の旅です!

島での見どころは、

  • 大小多数の火山のつくりだす壮大な景観。
  • 火山灰が育む熱帯雨林のジャングルの生命の息吹。

 

さぁ、そんな火山と生命のエネルギーあふれる島を冒険よ!

 

スマトラ島を観光!

 

 

さぁ、島の玄関口、メダン市の空港に着いたわ!

赤道が近いだけあって低地は蒸し暑いわね〜

レッツゴー。

 

1.メダン市−スマトラの最大都市

 

画像の出展:wikimedia

 

まずは、冒険の前に、メダン市の市内観光といきましょう。気楽にね。

超都会的なエリアもあれば、昔ながらの庶民的なエリアもある!

新興国らしいわぁ〜!

 

あら、19世紀オランダ統治時代のコロニアル様式の場所もあるわね。

観光の目玉は「マイムーン宮殿」という元王宮の博物館との事よ。

イスラム教の方が多いので町にはイスラムモスクも見られるわ。

 

メダン市は島一番の商業都市。

 

この島では、

大型農園でゴム、たばこ、パーム油、コーヒーなどを作っています。

石油掘るのも盛んね。

これらが、集まり、世界中へ送り出されるので、メダン市は栄えています。

 

さぁ、都会を満喫したので、

いよいよ大自然のエネルギーを浴びに行きましょう!

ミニバスのバス停は・・・あったわ!

レッツゴー!

 

 

2.グヌンレウセル国立公園−熱帯雨林

 

画像の出展:wikimedia

メダンから、

アブラヤシやタバコのプランテーションの間を走る道を

ミニバスで3時間。

ここへ来た目的は「グヌンレウセル国立公園」

野生動植物たちの楽園。熱帯雨林ジャングルよ!

 

インドネシアで、広さも生物多様性も最大級の国立公園の1つです。

広大な熱帯雨林が国によって管理され、

5,000種以上の動物、300種以上の鳥類を保護しています。

世界自然遺産にも登録されています。

ここではガイドさんによるエコツアーに参加できるんですよ。

 

さっそくジャングル探検の開始よ!がんばっていきましょう。

地上60mの高さの木に囲まれた一面みどりの空間を、森の生活者たちの気配が充満します!

 

ジャングルの土壌は決して良いものではなく、地下深くは不毛なのだそう。

しかし、地上近くの土に限っては、生き物たちの命のサイクルによって木を育てる養分が作られ、

植物が育ち、動物が生活し、土に帰り、を短いスパンで繰り返します。

実に繊細なバランスで成立っているのがこの「熱帯雨林ジャングル」なのだそうです。

 

感じる!生命の気配・・・・・・ガサガサッ

あ、あれは!・・・なんてカワイイおさる。

 

「スマトラゾウ」え〜‼︎!夢のようだわ。

ざわざわざわ・・・

あら!あれは人かしら?

 

彼、高い木の上から、こっちを見おろしてるわ!

カフェママ「ちょっとそこのあなたー!」

木の上のヒト?「(チラッ)」

カフェママ「あらやだ人じゃないわ!あれは・・・」

ワイルドで美しいオレンジの毛なみ・・・紳士のような穏やかな表情・・・

マレー語で「人=オラン」「森=ウータン」、オランウータン!

森の中、群れを作らず、1人孤独に生活を営む森の人!

 

しかも見て!あの顔の横の「出っぱり」

彼は「イケメンオランウータン」よ!

 

補足(蛇足):スマトラオランウータンの魅力

オランウータン界でのイケメンとは、

おおきな「でっぱり(フランジ)」を持つ男子の事!!

自分はイケてる!って自信を持つと、ほほのあたりに「でっぱり」が急発達するんですって~!

例えば、ある動物園では、一番強かったオスが亡くなったとたん、第2位のオスのフランジが出っぱったり…

またある動物園では、飼育員さんが若い女性に変わったとたん、オスのフランジが出っぱったり…

ちなみに、出っぱったフランジは一生出っぱりっぱなしよ〜!

もちろん、一生出っぱらない男子もいるのよ。

面白いわよね~!気持ち次第で、外見がこんなに変わるの!

皆さん!!!オランウータンはヒトに近い遺伝子を持つわ!

(※チンパンジー、ゴリラの次に近い。)

「大事なのは気持ちよ!皆さん!自信を持って!」

 

あらごめんなさい、でっぱりの話はこれくらいにします・・・

 

地上はオランウータンにとって「脅威」が潜んでいます。

「スマトラタイガー」

トラの中では最も小柄ですがやっぱりこわい!

どうか私も鉢合わせしませんように!

・・・ガサガサガサガサ

・・・まさかスマトラタイガー?そんなワケないわね。

野生のスマトラタイガーは、絶滅が危惧されていて400頭ほどしかいません。

会える確率は低いわ!

そして先程のスマトラオランウータン、ゾウ、サイもまた絶滅危惧種です。

・・・なんとかしたいと思うそこのあなたは、お買い物の際に

森林保護の認証マーク「FSC」の商品を選びましょうね。

 

さて、

もう足がクタクタで歩けないわ〜

そろそろジャングルからでて、温泉行きましょう、温泉!

高原リゾートで体を休めなきゃもうムリ〜

 

 

3.トバ湖−マンダイリン族の地域

 

ブキットラワンから9時間のドライブ。

トバ湖までやってきました。

トバ湖に浮かぶ島、サシモール島には、「パングルラン温泉郷」があります!

これから温泉に入るの。

 

実はこの辺りは、

マンダイリン-バタック族」の住む所でもあります。

・・・そうです!

「マンデリン」の由来は「マンダイリン-バタック族」なんです。

昔から彼らマンダイリン族の作るコーヒーはおいしいと評判で、

かつて、コーヒーの病気がはやった際には、木の保護に尽力しました。

こんにちのインドネシア「マンデリン」があるのは彼らのおかげ。

ある意味、ここら辺は、聖地みたいなところよね。

 

さて、トバ湖の観光に戻って・・・

トバ湖は、カルデラ湖としては世界最大。

全長200km、幅30km、最大深度515m。琵琶湖の1.8倍よ〜。

こんな大きな穴があくほどの火山の噴火は、世界中に影響を及ぼしたらしいです。

考えるだけでゾッとしちゃう!

 

今は、風光明媚な人気観光地。

の〜んびり湖畔の散策にぴったり。

 

それでは、マグマの恩恵にあやかって温泉に浸かりましょう。

\ババンババンバンバン〜/

いい湯だったわぁ〜

なんだか喉が乾いちゃった。

コーヒーが飲みたくなってきた〜。

どこか良いお店ないかしら。

えーっと、トバ湖の南の地区ですって?

行きましょう。

 

 

4.リントンニフタ−コーヒー畑

 

あら〜!コーヒー飲みに来たつもりだったのに、

ここは、「産地」じゃない!

はい、今回の目的地マンデリンの産地です。

到着しました。

 

 

トバ湖から近かったわね!

 

インドネシアコーヒーの生産量の9割がカネフォラ種。

残り1割のアラビカ種の豆で、この島で作られたものが

「マンデリン」として世界に輸出されているんです。

 

さて、コーヒー好きのあなた、

マンデリンの産地に来たなら外せないのはコレですよね。

「スマトラ式精製法」です。

マンデリンの特殊な精製法「スマトラ式」

 

マンデリンといえば

特殊な精製(実から豆の取り出す方法)である「スマトラ式」も

語らずには許されない、味の個性の要因の一つ。

 

マニアックなので手短に図で見ていきましょう。

↓参考までに、コーヒーの実の構造はこうなってます。

この、実から、生豆を取り出して乾燥させるのが、「精製」です。

↓どのように特殊かと言うと、こちらをご覧ください。

 

上が、よくある精製法の「ウォッシュド」で、下がマンデリンの「スマトラ式」

 

スマトラ式は「パーチメントコーヒー」から「生豆」を早い段階で取り出すんです。

 

 

スマトラ「マンデリン」のお味は?

 

大自然のエネルギー溢れるスマトラ島で生まれ育ったスマトラマンデリン。

さぁ、コーヒーを味わいましょう!

 

香味

スマトラ式特有の南国のフルーツのような甘い香り。

苦味が強く、酸味が弱いのが特徴です。

極深煎りでなければ引き出せないマンデリンの個性を、

十分に味わっていただきたいです。

 

マスターオススメの飲み方

 

酸味のないコーヒーがお好きなお客様に絶対おすすめでございます。
フレッシュクリ-ム、砂糖を入れても苦味が生きていますよ。

 

 

スマトラの旅の終わりに

 

ジャングルの冒険は刺激的よね!

今回は、

  • スマトラ島の基本情報
  • スマトラ島の熱帯雨林と絶滅危惧種の動物達
  • 世界一のカルデラ湖と温泉
  • マンデリンの特徴や味

について、お話しました。

実際に足を運んで、火山のエネルギーを感じたいものです!

絶滅危惧種のスマトラオランウータン、スマトラトラは、

国内の動物園でも会えます。(名古屋の東山動物園にもいます)

コーヒーを飲んでその国を知りたいと思うように、

彼らを通して、スマトラの森を身近なものに感じられるといいですよね。

 

こちらの記事もおすすめ

↓クリスタルマウンテンの産地、キューバにも行ってみませんか?

クリスタルマウンテン産地旅!キューバ

↓コーヒー豆に詳しくなりたいなら

【コーヒー豆】産地の違いは、香味の違い。個性の決め手はここにあり!

↓うちのお店でリラックスしませんか?

【カフェドシェフの世界観】カフェ空間をもっと楽しむ為の3つの要素

↓当店の豆はLINEでも購入できます!お試しください

【Webでカンタン購入】自家焙煎豆の買い方

 

 

この記事を書いた人

在宅従業員ともりん

カフェドシェフアルバイト 図説イラスト担当 

大学卒業後、某機器メーカーデザイン部へ入社。その後、派遣社員でメーカーを転々とし、モノづくり愛をはぐくむ。趣味はデザイン、イラスト、プレゼン資料づくり等。図説やイラストは資料に基づきできるだけ正確に描く事を心がけてます。

豊田市生まれ

 

この執筆者のおすすめ記事

 

 

 

監修

野々山憲子(カフェママ)

カフェドシェフ共同経営者 経理・営業を担当 パティシエ ホールスタッフ 

高校卒業後、阪神百貨店入社(現阪急阪神百貨店)。7年間婦人服売り場で勤務。その後、カフェドシェフ開店。共同経営者となる。
好奇心旺盛で人と話すのが好き、美味しいもの新しいものに目がなく、とにかく考える前にやってみるが信条。
Facebookでのインターネット販売は自分の屋号で活動中。

鹿児島県生まれ

保有資格等

調理師/手作りパン研究普及会製パン技能専科修了/簿記一級/着付け着装師補

 

 

おすすめ参考書籍:

参考WEBページ:

他:

ケーキ

この記事が役に立ったら
ぜひシェアしてください

coffee

読まれている記事
ランキング