当サイトはブラウザIEに対応しておりません。PCでご覧いただく場合はIE以外のブラウザでご確認ください

トップ > コラム一覧 > コーヒーの「香りの効能」あなたに必要なのはどっち?

みなさま、こんにちわ!

カフェドシェフのカフェママこと「野々山 のりこ」です。

今日のテーマはコーヒーの香りについて書いてみました。

コーヒーの香りって不思議ですよね~

ナッツ系の香り、フルティーな香り、香りにも系統があります。

また 、香りによって効能が違うそうですよ!

そのへんのところはコラムに詳しく書いてありますので、どうぞコラムをご覧くださいね!

焙煎釜からだされたコーヒーの香ばしいこと

その香りを嗅ぐと「癒やされる~」と思わず言ってしまいます。

私にとってコーヒーの香りは活力を与えてくれます。

朝の一杯はとくに大切「よし今日も頑張ろう」って思わせてくれる元気がでる飲み物です。

きっと健康にも良いに違いない!と思いながら毎日飲んでいます。

 

コーヒーの香りって独特だと思いませんか?

甘いような、苦みも感じるような、

あのダークブラウンのコーヒーから色々な香りがしますよね。

 

コーヒーの香りの正体

コーヒーの香りは、800種類以上の香り成分があると言われています。

焙煎で、生豆に含まれる成分が熱で化学的反応をおこして、香りの成分を作りだします。

800種類もの香り成分の種類や割合によって、香りは大きく変わるんです。

香りの効能もコーヒー豆によってそれぞれですのでその日の状態に合わせてコーヒーを選んてみてはいかがでしょうか?

 

コーヒーの香りの効能

リラックスと集中力

コーヒーは世界中で飲まれており、その効能については健康面だけでなく精神面にも与える影響など研究が進んできています。

例えば、

『脳をリフレッシュする大人のぬりえ 』などでおなじみの古賀良彦教授によると、

「コーヒー豆の香りによって人の脳に与える影響が異なる」という研究報告をしています。

6種類のコーヒー豆の香りを嗅いで脳波を比較分析した結果によれば、

「リラックスさせてくれる香り」

  • ジャマイカ産の「ブルーマウンテン」
  • グアテマラ産の「グアテマラ」

など、刺激の少ないものが安らぎを与えてくれるそう。

コーヒーの香りで睡眠の質がよくなるという説があり、

質の良い睡眠をとるには、甘い香り、刺激の少ない例えばブルマン、グアテマラがおすすめなんだそう。

「頭の回転を速くさせてくれる香り」

  • ブラジル産の「ブラジルサントス」
  • インドネシア産の「マンデリン」
  • ハワイ産の「ハワイコナ」

刺激の強い香り、柑橘系のフルーティな香りのマンデリンなどは、脳を活性化させるため、情報処理のスピードを早めることがわかっているんですって。

 

癒されたいときや眠りたい時には、ブルマンか、グアテマラ

勉強したいときには、ブラジルサントスかマンデリンを飲む。

なんてコーヒーを使いわけてもいいですよね!

 

参考:全日本コーヒー協会「香りから生まれる、 「癒し」と「集中力」。」

場面にあわせてコーヒーを選ぼう!

先日お客様からこんなご注文をいただきました。

「朝飲むコーヒーと、

昼おやつと食べるコーヒーと

夜食後に飲むコーヒーが欲しいわ。」

 

そこで私は、

「朝はブラジルのやわらかい苦みで目を覚まして、

昼は、マンデリンの刺激的な香りを楽しみながらスイーツを頬張り、

夜はぐっすり眠りやすいようにグアテマラなんて良いのでないでしょうか?」

とオススメしました。

 

こんなふうに、生活の場面にあわせて、

香りでコーヒーを選んでみてはどうでしょう!

素敵な1日になりそうですよね!

 

カフェドシェフでのコーヒーの香りの分類

こちらは当店のコーヒー豆の「香りと味わいガイド」です。

この表をコーヒー選びの参考にしていただけると嬉しいです。

 

味覚表

コーヒーの種類によって「チョコレート、ナッツシトラス系の香り」とか、

「フルーティ」な香りとか聞いたことはありませんか?

当店でも香りの特徴でメニューを作っています。

大まかな香りの系統と、味を表にしてあります。

 

香味表も絶対ではない

「いえいえ、私はナッツの味を強く感じるわ」とか、

「私は、チョコレートのような香りを感じる」とか人によって色々な感じかたがあると思います。

例えば、

スポーツ系イケオジ今井雅弘さんも、当店のコラムの中で、

真っ黒な液体から、豆によってフルーツ、ハーブ、スパイス、チョコレートといった色々な香りを楽しめます。

と言っておられます。(コラムはこちら↓)

「スポーツ系イケオジ 今井雅弘流 香りにこだわるコーヒーの楽しみ方」

その人、その人によって感じ方がわかれるところだと思います。

なにせ800種類もの香りの成分があり、

個人の味覚や嗅覚は、今までの「飲んだり食べたりの経験」に基づいて判断されるものですから。

 

私は甘い香りが好きとか、やっぱりコーヒーは苦い香りが好き~~とか、

人によって感じかたは様々だと思います。

感性を研ぎ澄ませて、コーヒーの香りにしばし酔ってみるのも楽しいかもしれませんね。

カフェでおしゃべり

 

 

まとめ

コーヒーの香りは、800種類以上の香り成分があると言われている。

コーヒーの香りの効能として

リラックスできる香り、

頭の回転を早くさせてくれる香りがある

ということを、知っていただけましたか?

 

コーヒーの香りの効能を知り、自分の飲むタイミングに合わせて銘柄をかえてみる。

そんなコーヒーの楽しみかたもあるのではないでしょうか?

 

あなたの一番好きな香りはどんな香りかな~

そしてその香りにはどんな効能があるのでしょうか?

 

知っていると楽しみが倍増しますよね。

このコラムを読んで今度コーヒーを飲むときの参考にしてくださったら嬉しいです。

ケーキ

この記事が役に立ったら
ぜひシェアしてください

coffee

読まれている記事
ランキング