当サイトはブラウザIEに対応しておりません。PCでご覧いただく場合はIE以外のブラウザでご確認ください

トップ > コラム一覧 > 【直火式焙煎機のロマン03】香りと味が、独特である「秘密」に迫る!

みなさま、こんにちわ。カフェママの「野々山 のりこ」です。

カフェドシェフのコーヒーの香りって独特だと思いませんか?

一口にコーヒーの香りといっても自家焙煎店によって違うんですよ!

それぞれ焙煎度合いも、使う豆も違うのでそれぞれの自家焙煎屋さんでそれぞれの香りがします。

本日のコラムでは、カフェドシェフのコーヒーの香味の謎に迫ってみたいと思います。

是非ご覧下さい。

当店の焙煎豆の香味の独特さとは!?

コーヒー好きの黒豆さんが
「極深煎なのに、豆の香りが健在だわ・・・」
と、つぶやいた真意はなんでしょうか?

 

豆の香りと焙煎の香りが共に強い

黒豆さんのつぶやきについて解説すると、

 

みなさんご存じの黒いコーヒー豆は”生豆”を焙煎した(焼いた)ものです。

コーヒー豆は焙煎度が浅いと、その豆特有の香りが強く感じられ
焙煎度が上がるにつれ、焙煎特有の香りが勝ってくるものです。

カフェドシェフの豆は真っ黒でツヤツヤなので、いかにも焙煎香が強そうに見えます。

しかし、豆固有の香りも焙煎による香りもちゃんと感じ取れる。

利きコーヒーすれば当てる自身あるレベルで。

 

・・・という意味だと思います。そうですね、黒豆さん。

 

黒豆「そ、そうよ!」

 

それでは、この一見トレードオフである、この謎について
ちょっと考察してみましょう。

 

香味の秘密は直火式焙煎機ラッキーにある?

 

さぁ繰り返しますが、みなさんご存じの黒いコーヒー豆は”生豆”を焙煎した(焼いた)ものです。

当店ではこの焙煎を、焙煎士マスターと、直火式焙煎機ラッキーのコンビで行っています。

 

※マスター&ラッキーの仕事ぶりについては過去のコラムをどうぞご覧ください。

【直火式焙煎機のロマン】直火式焙煎機は扱いにくい

 

直火式焙煎機の特徴は、焼いたときに「煎りムラ」ができやすいんです。

なぜなら、「直火」だから。直接火が当たる部分は強く焼け、そうでなければ弱めに焼けます。

一粒の豆に注目してみると、よく焼けるは豆の外側。そして内部へいくほど焼かれにくいのです。

つまり、外側と内側で「香味にグラデーション」ができている!

だから、焙煎豆の外側から焙煎香がして、内側からは豆の香りがしてるのかも!という事です。

 

ダブル焙煎で「煎りムラ」問題の解決を図りながらも、やりすぎず、いい塩梅に、
「香味のグラデーション」を作り上げた、そんな考察です。

 

補足ですが、当然、使用する生豆のポテンシャルが高いという点もありますよ。

深煎り向けに香りを作る成分を多く含む銘柄のものを、マスターが選んで使用してるんです。

 

 

考察の信憑性はいかに?

「え~そんなこともあるかもしれないけど、
それってママが「おいしい唐揚げの作り方」から発想した妄想じゃないの?」

それもあります。

だって「二度揚げした唐揚げ」って、中はふっくら外はカリカリでおいしいじゃない!!

うちの焙煎もそれと似たようなものよ!

※過去コラムの唐揚げの話はこちら↓

【直火式焙煎機のロマン】暴れ馬操縦のコツ「ダブル焙煎」

 

しかし、理由はそれだけではないのです。

これは、コーヒー業界では割と言われている「説」なのです。

例えば、

田口護先生のご意見

日本の自家焙煎コーヒー業界を牽引してきた田口護先生もこのように言っています。

「表面は黒くても、内は少し浅めの焙煎度の香りや味も含んでいるのかもしれません。
直火式は、表面が見るからに深煎りの色なのに、実は思った以上に浅く煎られているケースがよくある。
表面だけが早く焙けてしまうからだろう。」

「この微妙に混じり合った香味が直火式ファンに愛される肝心要のところなのかもしれない。」

引用:コーヒーのおいしさ方程式 NHK出版 田口護 旦部幸博

ほら、同じ意見ですよね!ね!

 

検証するすべがないのが残念。

あいにく当店では直火式焙煎機しかないので、
他の熱風式、半熱風式と比較して「やはり直火式はこうでした」とはいう事はできません。

しかし、田口先生をはじめいろんな方が似たようなことをおっしゃるので
感覚的ですが、そうなのではないかと思っています。

 

 

まとめ

とにかく私たちは、

香り・コク・苦味をしっかりと感じるコーヒーが作りたい。

その為に直火式が良いのではないかと考え直火式をずーっと使い続けています。

 

こちらの記事もおすすめ

↓ちょっと通な香味の楽しみかた

脱初心者!コーヒー通に学ぶ、ディープな香味の感じ方

↓コーヒー「豆」の基本知識
【コーヒー豆】産地の違いは、香味の違い。個性の決め手はここにあり!

↓コーヒー産地を知るなら妄想旅よ!「コーヒー産地を目指す旅」シリーズ
クリスタルマウンテン産地旅!キューバ

↓当店の焙煎へのこだわり「直火式焙煎機のロマン」シリーズ
【直火式焙煎機のロマン01】直火式焙煎機は扱いにくい

↓当店の豆はLINEでも購入できます!お試しください
【Webでカンタン購入】自家焙煎豆の買い方

 

 

この記事を書いた人

野々山憲子(カフェママ)

カフェドシェフ共同経営者 経理・営業を担当 パティシエ ホールスタッフ 

高校卒業後、阪神百貨店入社(現阪急阪神百貨店)。7年間婦人服売り場で勤務。その後、カフェドシェフ開店。共同経営者となる。
好奇心旺盛で人と話すのが好き、美味しいもの新しいものに目がなく、とにかく考える前にやってみるが信条。
Facebookでのインターネット販売は自分の屋号で活動中。

鹿児島県生まれ

 

保有資格等

調理師/手作りパン研究普及会製パン技能専科修了/簿記一級/着付け着装師補

 

ケーキ

この記事が役に立ったら
ぜひシェアしてください

coffee

読まれている記事
ランキング